転移しやすいがんは情報収集が大事|知識を備えて骨肉腫とも戦おう

病院

肺腺がんについて

病院

肺腺がんは、肺の気管支に発症することの多い肺がんの一種です。進行するにしたがい、胸の痛みや血痰、倦怠感といった症状が出てきます。中には胸水が溜まってしまう人もいます。喫煙との関係性は低く、原因の八割は不明とされています。

» 詳細を読む

自然治癒する

病院

がんが転移する前に、早めに対処する必要があります。ただ知らぬ間に転移しているケースも勿論あります。そんな場合は、焦らずに信頼の出来る病院や医師選びを行なっていきましょう。

» 詳細を読む

乳房にできる病気

医者

胸腺腫瘍というものは比較的簡単な方法で治療をすることができるものであり、手術で治療することが一般的になっています。また、胸腺腫瘍は発見が難しいものであるために比較的進行した状態で見つけられるということも増えています。

» 詳細を読む

骨肉腫を知ろう

がんの転移に関する事が知りたいときには役に立つはずです。事前に対策しておくだけでも可能性が低くなりますよ。

身体の負担を最小限にしながら胆のうがんを治療してくれるクリニックはコチラです。無料相談会にもぜひ足を運んでみてください。

骨肉腫について

医者

骨に出来る悪性の腫瘍のことを「骨肉腫」と言います。骨肉腫は骨に出来る悪性腫瘍のうち、最も発生頻度が高いと言われています。とは言え、決して発生率が高いという病気ではありません。1年間に換算すると、100万人に3人程度が発症するとされており、年齢は関係ないと言われていますが、10〜20代が全体の7割以上を占めるなど、若い世代に多いのが特徴としてあります。 骨肉腫の治療法は、他のがんと同様、外科療法・化学療法・放射線治療がありますが、主に行われているのが、外科療法と化学療法です。 費用は、腫瘍の出来た場所や治療法などにより異なりますが、最近では人工骨や自身の骨を移植することにより四肢を温存することが出来ることも多くなっています。

温存すること出来る場合もあります

骨肉腫における外科療法では、以前は四肢を切断するという選択が多く、治療後は生活に支障をきたすということも少なくはありませんでした。これは転移や再発のおそれを考慮して、がんの大きさよりも大きく、広範囲を切除する必要があるためです。 近年では骨肉腫の9割程度は四肢を切断すること無く治療をすることが出来るとも言われています。 がんの大きさが大きく、広範囲にわたっているという場合には、外科手術を行う必要があります。この際には、骨の一部を失うことになりますので、自身の骨もしくは人工骨などを利用して補う必要があります。 自分の骨を移植する場合、耐久性を期待することが出来ますし、人工骨を利用する場合には、手術後早い段階で動かすことが出来るようになるというメリットがあります。 治療法を決める際には、メリット・デメリットを比較し、最適な方法を選ぶことが大切です。

免疫細胞療法は最先端のがん治療法として注目されています。コチラで無料相談会が随時実施されているので、ぜひお申し込みください。